[Arduino ESP32]ESP32開発ボードを使ってArduinoデビューする その3

延長戦です。OLEDモニタに「Hello World」した前回はこちら。

開発環境や必要なものを整えた初回はこちら。

今回は「毎秒で温湿度センサーからの値を読み取りOLEDモニターに表示する」を目指したいと思います。

必要なもの

ESP32開発モジュールやOLEDモニターに関しては前回までの記事を参考にしてください。
温度センサーはこちらを購入しました。

OSOYOO Arduino用 DHT22 デジタル 温度 湿度 センサー モジュール デジタル温湿度測定 アルドゥイーノやRaspberry Pi 2 3 4 5 用 電子工作用 2個セット

新品価格
¥1,241から
(2024/2/11 14:51時点)

この温度センサーを使う上でのキーワードはDHT22と3.3V~5Vで稼働ということです。覚えておきましょう。

配線追加

開発モジュールとOLEDモニターの配線は前回記事を参考にしてください。今回は前回記事の状態から温湿度センサーを追加していきます。

VCG-3.3V
S-18
GND-GND

Sが実際の値を受け渡しする配線ですが、今回はとりあえず好きなところで動くのではないかというところですが、いかんせん知識がついてきてない状態です。すみませんが各自気になる方はいろいろ調べてみてください。

コーディング

まずはライブラリ「DHT sensor library」を追加。
そしてコードを以下に変更。

#include <Wire.h>

// OLEDモニタ関係
#include <Adafruit_GFX.h>
#include <Adafruit_SSD1306.h>
// センサ関係
#include <DHT.h>


// OLEDディスプレイ設定
#define SCREEN_WIDTH 128          
#define SCREEN_HEIGHT 64          
Adafruit_SSD1306 display(SCREEN_WIDTH, SCREEN_HEIGHT, &Wire);
// センサ関係
#define DHT_MODEL DHT22
#define DHT_PIN 18
DHT dht(DHT_PIN, DHT_MODEL);

void setup()   {        
  Serial.begin(115200);                   
  if (!display.begin(SSD1306_SWITCHCAPVCC, 0x3C)) {       
    Serial.println("begin failed!!!");  
  }
  else
  {
    dht.begin();
    Serial.println("Startup end!!");
  }
}

void loop() {

  display.clearDisplay();
  display.setTextSize(1);
  display.setTextColor(WHITE);
  display.setCursor(0,0);

  //温度
  float humidity = dht.readHumidity();
  //湿度
  float temperature = dht.readTemperature();

  // 温度を出力  
  display.print(temperature, 1); // 小数点1桁まで
  display.print("[`C]");

  // 湿度を出力  
  display.print(" : "); 
  display.print(humidity, 1); // 小数点1桁まで
  display.println("[%]");

  display.display();
  delay(1000);
}

追加されたコードの解説ですが、

// センサ関係
#include <DHT.h>

..
// センサ関係
#define DHT_MODEL DHT22
#define DHT_PIN 18
DHT dht(DHT_PIN, DHT_MODEL);

パッケージを読み込み、使うDHTの規格と実際に使用するPIN番号で初期化しています。あとは専用のメソッドから値を呼び出しているだけですね。

まとめ

今回は意外とすんなり終わってしまいました。実際にセンサの値を使ったりするとすごいIoT開発感出てきて楽しいですね。

レンタルサーバはConohaWINGが最強にオススメ!

muchilogでは今までいろんなレンタルサーバやSaaSを使ってきましたが、今では全てをConohaWINGにて運営しています。

■今まで使ってきたサービス一覧
・さくらレンタルサーバ(ベーシックプラン)
・カゴヤ
・Azure
・AWS

今ではこのブログは勿論、webサービスのバックエンドやアプリのサーバ機能もConohaWINGで動かしています。
そんなConohaWINGのメリットをいくつか紹介します!

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

無料で最大2個の独自ドメインが使える!

サイト運営に必要な独自ドメインをなんと無料で取得することが可能です!これだけでも月100円以上は運営費が節約できます。

優れた速度と安定感

私がAzureやさくらを解約した大きな理由はこれ。Conohaは非常に安定して稼働しており、ダウンタイムがほぼ発生しません。発生した場合は潔くお知らせしてくれます。
また、このブログは勿論、バックエンドとして動いてるプログラムも処理速度が大幅に向上しました(体感で倍速以上)。 Azure等のSaaSからレンタルサーバに移行するって普通考えられませんよね?しかし実際に大きなメリットを感じているのです。

頻繁に開催されるキャンペーン

ConohaWINGは半額に迫るようなキャンペーンを頻繁に開催しています。このキャンペーンによって、性能的には業界トップクラスであるにも関わらず、 月額料金換算で最安値クラスで使えるのです。
基本的に長期一括契約の方がお得になるため、muchilogでは最長で契約することをオススメします。価格と性能のバランスを考えれば他に乗り換えることも考えれられませんし。

レンタルサーバは必須です!

web系のプログラミング学習を進める際には、レンタルサーバの契約は必須と思ってください。ローカルの環境と本番環境で動作が違うことは良くありますし、ポートフォリオを公開するのも大切です。

学習や制作に集中するためにも、満足度、速度、安定度全てのレベルが高いConohaWINGを最強にオススメします!

web系サービス開発会社に転職したい!

muchilogではIT系へ転職したいという方には「自社サービスを運営しているweb系企業」への転職をおすすめしています。

web系は「自由な社風」「成長できる環境」「ホワイトな労働条件」であることが多いからです。

そんなweb系企業への転職を確実にするためのプログラミングスクールが登場しました。


RUNTEQ

RUNTEQはただのスクールじゃない!

RUNTEQはweb系の開発会社。開発会社が運営するスクールなので必要とされる技術力は勿論習得可能。しかしそれだけではないのです。

特にweb系で転職・就職活動を行う際にはポートフォリオを求められることがあります。ポートフォリオとは自分自身の作品のことで、技術力や企画力を示すものです。

RUNTEQではポートフォリオの作成を企画段階からサポートしてくれます!

他のプログラミングスクールでは提携企業の派遣やアルバイトとして就職するしかなかったりもしますが、RUNTEQはあなたの市場価値を高める方法まで教えてくれるということですね。

また、RUNTEQが扱う教材はどれも第一線で当たり前に使われている技術。特に未経験者の独学ではどうしてもスキルセットに穴が出来てしまいます。その点RUNTEQは確実に現場力を養えます。

そして2020年2月〜2021年12月までの内定者の98%がweb系企業に内定しています。これはRUNTEQの指導力とサポートが優れていることの証拠でしょう。

まずは無料説明会に申し込んではいかがでしょうか?

RUNTEQ


IoT
muchiをフォローする
MUCHILOG
タイトルとURLをコピーしました