[Mac]SQL Database用にローカルテスト環境を準備する

AzureにはSQL DatabaseというほぼほぼSQLServerのように使えるマネージドされたRDBサービスが存在します。月額固定料金で利用できるため私は好んで使っているのですが、今回ローカル用SQLServer「もどき」をMacでも準備できるとのことだったので、使ってみたいと思います。

Windowsの場合はSQLServer ExpressやDevバージョンを使えば良いと思います。

Dockerの準備

Docker Desktop
Docker Desktop is collaborative containerization software for developers. Get started and download Docker Desktop today on Mac, Windows, or Linux.

ダウンロードしたらダブルクリックで実行。Applicationフォルダへドラッグドロップ。
完了したらlauchpadに入っているので起動してください。

Acceptしてそのままfinish。するとログイン画面が出てくるのでログイン。アカウントが存在しない場合は作成。

このタイミングで、[右上の歯車マーク]-[Resources]を開き、どれくらいハードリソースを使うのか調整しておいても良いでしょう。ちなみにSQLServerは2GBは必要との情報がありましたのでそれ以上にしておくと良いかも。

続いてターミナルを開き、以下のコマンドを実行。

sudo docker pull mcr.microsoft.com/azure-sql-edge:latest

完了したら以下を実行。

sudo docker run --cap-add SYS_PTRACE -e 'ACCEPT_EULA=1' -e 'MSSQL_SA_PASSWORD=yourStrong(!)Password' -p 1433:1433 --name azuresqledge -d mcr.microsoft.com/azure-sql-edge

MSSQL_SA_PASSWORD= にはsaのパスワードを設定。
※このパスワードの強度が低いとコンテナが立ち上がりません。大文字小文字記号を混ぜておけば大丈夫かと。

以下のコマンドでコンテナが作成されているか確認。

docker ps -a

DockerDesktop上でも確認できますね。

停止している場合は再生ボタンで開始してください。

AzureDataStudioをインストールして接続

Azure Data Studio のダウンロードとインストール - Azure Data Studio
Windows、macOS、Linux 向けの Azure Data Studio をダウンロードし、インストールします。 この記事では、リリース日付、バージョン番号、システム要件、ダウンロード リンクを提供します。

URL先からMac用をダウンロードしてください。

続いて接続先を追加します。設定内容は以下。ユーザはsa、パスワードは先ほど設定したものにしてください。saは管理者アカウントです。

次の画面で認証関係のエラーが出るかもしれませんがTrustして次へ。

無事接続ができたら、Databasesフォルダで右クリックしDatabaseを新規作成。テスト用のtableを追加します。今回はnvarcharの値を持つだけのテーブルを作成し、そこに1アイテムだけ保存。

cmd+sで保存するとテーブルが作成されます。

今回、testという名前のテーブルを作成し、列はtitleです。データベースを右クリックしqueryを作成、Insert文を実行しましょう。

INSERT test (title) VALUES ('Hello MSSQL!')

自分の環境ではtitleは存在しませんと出るものの、実行すると作成されました。テーブルを右クリックしSelect top 1000を選択して確認できます。

まとめ

Windows環境ではすんなり準備できますが、やはりMacだと一手間必要ですね。ただ一度準備できれば問題なく使えそうなのでこれからもこの環境でやってみたいと思います。

続きである、コントローラで接続した記事はこちら。

レンタルサーバはConohaWINGが最強にオススメ!

muchilogでは今までいろんなレンタルサーバやSaaSを使ってきましたが、今では全てをConohaWINGにて運営しています。

■今まで使ってきたサービス一覧
・さくらレンタルサーバ(ベーシックプラン)
・カゴヤ
・Azure
・AWS

今ではこのブログは勿論、webサービスのバックエンドやアプリのサーバ機能もConohaWINGで動かしています。
そんなConohaWINGのメリットをいくつか紹介します!

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

無料で最大2個の独自ドメインが使える!

サイト運営に必要な独自ドメインをなんと無料で取得することが可能です!これだけでも月100円以上は運営費が節約できます。

優れた速度と安定感

私がAzureやさくらを解約した大きな理由はこれ。Conohaは非常に安定して稼働しており、ダウンタイムがほぼ発生しません。発生した場合は潔くお知らせしてくれます。
また、このブログは勿論、バックエンドとして動いてるプログラムも処理速度が大幅に向上しました(体感で倍速以上)。 Azure等のSaaSからレンタルサーバに移行するって普通考えられませんよね?しかし実際に大きなメリットを感じているのです。

頻繁に開催されるキャンペーン

ConohaWINGは半額に迫るようなキャンペーンを頻繁に開催しています。このキャンペーンによって、性能的には業界トップクラスであるにも関わらず、 月額料金換算で最安値クラスで使えるのです。
基本的に長期一括契約の方がお得になるため、muchilogでは最長で契約することをオススメします。価格と性能のバランスを考えれば他に乗り換えることも考えれられませんし。

レンタルサーバは必須です!

web系のプログラミング学習を進める際には、レンタルサーバの契約は必須と思ってください。ローカルの環境と本番環境で動作が違うことは良くありますし、ポートフォリオを公開するのも大切です。

学習や制作に集中するためにも、満足度、速度、安定度全てのレベルが高いConohaWINGを最強にオススメします!

web系サービス開発会社に転職したい!

muchilogではIT系へ転職したいという方には「自社サービスを運営しているweb系企業」への転職をおすすめしています。

web系は「自由な社風」「成長できる環境」「ホワイトな労働条件」であることが多いからです。

そんなweb系企業への転職を確実にするためのプログラミングスクールが登場しました。


RUNTEQ

RUNTEQはただのスクールじゃない!

RUNTEQはweb系の開発会社。開発会社が運営するスクールなので必要とされる技術力は勿論習得可能。しかしそれだけではないのです。

特にweb系で転職・就職活動を行う際にはポートフォリオを求められることがあります。ポートフォリオとは自分自身の作品のことで、技術力や企画力を示すものです。

RUNTEQではポートフォリオの作成を企画段階からサポートしてくれます!

他のプログラミングスクールでは提携企業の派遣やアルバイトとして就職するしかなかったりもしますが、RUNTEQはあなたの市場価値を高める方法まで教えてくれるということですね。

また、RUNTEQが扱う教材はどれも第一線で当たり前に使われている技術。特に未経験者の独学ではどうしてもスキルセットに穴が出来てしまいます。その点RUNTEQは確実に現場力を養えます。

そして2020年2月〜2021年12月までの内定者の98%がweb系企業に内定しています。これはRUNTEQの指導力とサポートが優れていることの証拠でしょう。

まずは無料説明会に申し込んではいかがでしょうか?

RUNTEQ


Azure C#
muchiをフォローする
MUCHILOG
タイトルとURLをコピーしました