[flutter2] nullセーフティ非対応パッケージ有りプロジェクトのiOSアーカイブビルド

タイトルそのままです。nullセーフティ非対応パッケージを使っていながらも、プロジェクト自体はflutter2の場合、ちょっとだけ特殊なパラメータをセットする必要があります。
ちなみにiOSリリースビルドに必要な証明書の設定等諸々は出来ている前提です。

方法

flutter clean
flutter build ios --no-sound-null-safety

//実機へのビルド
//シミュレータを全て閉じ、iPhoneを接続した後に
flutter install

上記をflutterプロジェクトルートで行った後、iOSフォルダのRunnerをXCodeで開き、[product]-[archive]を実行。
忘れそうなのでメモ。

ビルドがうまくいかない時

アーカイブビルドがうまくいかない時は、Runner.xcworkspaceを開いているかどうか確認してください。xcodeprojの方だと、アーカイブビルド失敗します。

ストアへのアップロードまでしたい時は?

ストア側での設定等行っている場合はこのままアップロードまでできます。[archive]実行後、ダイアログが表示されるので、[validation app]した後に[distribute app]してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました