Macにおけるウインドウ・タブ切り替え操作を整理する

自分が勤めている会社ではWindowsを使っていて、半年前までプライベートもWindowsでした。Macに移行するとなかなか慣れないのがショートカットキー。特にウインドウ切り替えです。

Windowsだと全ての開いているウインドウが一覧表示され、Tabを任意の数押すだけで切り替えられるのですが、Macだと同じアプリのウインドウが複数ある場合はその一つのみしか表示されません。自分はよくChromeをログインした状態のウインドウとシークレットウインドウを開きながら、VSCodeでプロジェクトを2つ開いて編集したりしてますので、なかなかスムーズに切り替えられずモヤモヤしてました。

なので、「command+Tab(→|)で全てのウインドウを切り替えられる様にする」を目標に設定したいとおもいます。

AltTabのインストール

AltTab - Windows alt-tab on macOS

こちらのページからzipをダウンロードして解凍してください。するとアプリがあるので起動すると、アプリケーションフォルダへの移動と環境設定が実行されます。

下にある鍵マークをクリックした後、AltTabにチェックを入れましょう。
AltTabの再起動を促されるので再起動すると下の様な画面が。

環境設定が足りない様なので、再度設定して再起動するとアップデートの案内が出たのでアップデートしました。

AltTabの設定

デフォルトのままだと、Windowsと同じ様には使えないので設定を変更します。

Controlsタブを開き、「オプション」 and press: となっているところを「command」に変更し、隣の表示設定タブを開いてテーマをWindows10に変更します。

まとめ

この辺りは特にMacを使い続けている方からすると必要ない機能でしょうが、Windows10から移行した組は嬉しい機能ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました