Mac & Visual Studio CodeでPHP開発環境を構築し、Laravelプロジェクトを新規作成&デバッグするまで(前編)

Laravel

2020年の詳細な環境準備に関する記事は見当たらなかったのでまとめてみました。

言わずもがな、Laravelは今非常に注目されているPHPのフレームワークです。PHPを初歩から学ぶのであれば、セットで学んでおけば一石二鳥です。

では早速ターミナルを起動しましょう。

ツールの確認

まずは以下のコマンドを入力。

xcode-select -v

これでバージョン情報が出てくる場合はOK。出てこない場合は

xcode-select --install

と入力してインストールしてください。

Homebrewの確認

次は以下のコマンドを入力。

brew -v

こちらもバージョン情報が出てくる場合は既に導入済みです。出ない場合は、

こちらのサイトにあるコマンドをコピペして実行します。

PHP 7.4 のインストール

PHPは最新のバージョンをインストールするようにしてください。

brew search php@7

このコマンドでPHP7.~の内、インストール出来る最新版のバージョン情報を検索できます。執筆時点では7.4でした。
試しに@8で検索するとNo formula or cask found for “php@8”.と言われました。このようにして最新バージョンを探しましょう。

brew install php@7.4

と入力。インストールが始まります。
インストールが終わったら、ターミナルのメッセージを確認。
自分の環境だと出なかったのですが、

If you need to have php@7.4 first in your PATH run: 
echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.4/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.4/sbin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

というようなメッセージが、普通だと出て来るみたいです。出ませんでした、、
出てきた場合はそれぞれ1行ずつコピペして実行してください。
その後、ターミナルを再起動して

php -v

で確認します。
ここでも自分の環境(Mac book air 2020)だけかもしれませんが、再起動しないでphp -vと打つと9.3が、再起動後に実行すると9.4と出ました。

再起動でうまくphpコマンドが動かなかった場合、

source ~/.bash_profile

コマンドも実行してみて下さい。更新されたbush_profileの値は、ターミナルを再起動した時、もしくはsourcreコマンドを実行した時に反映されるようです。

Composerのインストール

詳しい説明は省きますが、ComposerはLaravelのインストールに必要です。

brew install composer

インストールが開始されます。
終わったら(すぐ終わりました)、

composer -v

で確認。でかでかとした文字が出てきたら成功です。

Laravelのインストール

やっとLaravelのインストールです。ここまでたくさんコマンドを打ってきましたがもう慣れたでしょう?後少しです。

composer global require "laravel/installer"

と入力して実行。完了するまで待ったら、

echo "export PATH=~/.composer/vendor/bin:$PATH" >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

の2行を実行。パスを通します。

laravel -v

と入力して確認して下さい。

これで完了!とは言えない!

ここまでお疲れ様でした。長かったですが最低限の環境準備はここまでです。

しかし今のままではデータベースも使えませんし、細かな設定を行うこともできません。しかも、実はPHPは拡張機能を使わないとまともにデバッグすら出来ないのです。
次は実質的に入門時の標準である開発環境を追加で準備し、Laravelプロジェクトを作成し実行するところまでまとめたいと思います。
駄文ですが、最後までありがとうございました。ぜひ後編もよろしくお願いします。。。

後編はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました